まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

謹賀新年 令和2年

謹んで初春のお慶びを申し上げます。昨年中は「まったりサボテン育生」ともども大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

f:id:sabolefin:20200106210758j:plain

お正月カラー、そして名前もおめでたい金鯱×赤鳳です。本年も拙ブログ「まったりサボテン育生」、私サボレフィンをよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。サボテン好きな方、興味ある方のコメント等歓迎いたします。よろしくお願い致します。

フラビスピナの親子

こんばんは。日中は暑い日もありますが、明方、夜はすっかり秋が感じられるようになりましたね。秋の虫の声が耳に心地よく感じています。大事なサボちゃんズにちょっかいを出すのは許せませんけども。

さて本日は、フラビスピナ(U. pectinifera ssp. flavispina)の親株及びその子供たちを紹介したいと思います。以前採種した子たちです。

f:id:sabolefin:20191007212108j:plain

f:id:sabolefin:20191007212137j:plain

こちらは親株です。調子は良いのですが、手を入れてないので汚れてしまってます…。来年には植え替えてあげようと思います。

続きを読む

切捨御免!プセウドペクチニフェラ

こんにちは。合間合間をぬってのサボちゃんズの植え替えも一段落致しました。私は要領が悪く不器用なので植え替えもスムースにいかず、いつも一日仕事になってしまいます。また、手が3本欲しくなるのもいつもどおりです。趣味だから楽しいのですけどね。

さて本日は、老成株のプセウドペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera var. pseudopectinifera)を植え替えた際に根の調子が良くないため、胴切りしました。

 

f:id:sabolefin:20191004172145j:plain

ユーベルマニア属のサボテンはほとんど自家受粉をしないのですが、このプセウドペクチニフェラはするようで毎年開花しては結実していました。しかし、ここ数年は生長のみで開花しないため植え替えを決行しました。写真がなくて恐縮ですが、根は硬く黒変している部分が多く、ああこれでは吸収が良くないだろうなと推測されるような感じでした。

f:id:sabolefin:20191004172711j:plain

どこまで切っても維管束周りは硬くなってしまっていたので、他が健康そうな部分まで切り、ベンレートを塗って乾燥させました。来年には復活してくれると思います。元気に復活しておくれー。

おまけ

f:id:sabolefin:20191004173411j:plain

f:id:sabolefin:20191004173421j:plain

この子は切っていませんがプセウドペクチニフェラです。おそらく接ぎ降ろし株なため、盛んに子を出しています。刺色とかなんとなく気に入っています。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。

化けた光琳玉のトゲ

こんにちは。ブログ記事、忙しいとサボりがちなので書けるうちに書いておきます、ということで予約投稿であることをご了承下さいませ。

さて本日は、大げさなタイトルにしてしまいましたが、うちの光琳(Gymnocalycium cardenasianum)の新刺が化けてくれましたのでご紹介します。

f:id:sabolefin:20191002190250j:plain

f:id:sabolefin:20191002190302j:plain

2019年9月25日撮影

去年くらいまではなんの変哲もない子でしたので、たまげました。ただ、株の大きさはほとんど大きくなっていませんから、生長のパワーを使ってしまっているのかもしれません。ちなみに株の大きさに対して鉢が大きいようですが、この子のゴボウ根がデカすぎて3号以下の鉢だと収まりきらないので3.5号懸崖鉢になっています。

ここまでの私の育成記録です。光琳玉や天平丸はギムノカリキウムの中では蒸れに弱い、とおっかなびっくり育生していましたがあまり神経質にならなくても大丈夫のようです。盛夏は開放したフレームで育てていますが、問題なく動いてくれています。ただ梅雨明け~晩夏までは30%くらい遮光した方が日焼け予防になると思います。用土も環境が特殊でなければ(極端に乾燥する所、高湿度な場所、日照が5時間以下で短すぎる等)、赤玉土主体の一般的なサボテン・多肉植物の用土で大丈夫でした。

これからも生長を見守りたいと思います。
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。

逆鱗丸の生長

9月もあっという間に過ぎて、10月になりました。大分涼しく過ごしやすくなり、サボちゃん日和になりましたね。人にとっては体調を崩しやすい季節でもありますので、皆様どうかご自愛くださいませ。

さて本日は、 逆鱗丸(Copiapoa cinerea v. haseltoniana)です。黒王丸の一種(?)で過酷なアタカマ砂漠を原産とするコピアポア属のサボテンです。黒王丸をはじめ、現地株の真っ白でワイルドな姿に魅入られる方も多く、とても人気のあるサボテンだと思います。私も好きです。

f:id:sabolefin:20191002131806j:plain

f:id:sabolefin:20191002132029j:plain

2019年9月25日撮影

拙ブログを見返すと逆鱗丸さんはほぼ登場していませんでした。お迎えしたのが2015年のおそらく秋頃、4年くらい経ちましたが生長はどうでしょうか。

f:id:sabolefin:20191002132935j:plain

f:id:sabolefin:20191002132946j:plain

2015年10月13日撮影

f:id:sabolefin:20191002133040j:plain

2016年9月24日撮影

ほとんど大きさが変わっていないですね(育生が下手なせい)…。しかし、顔つきだけは幼さが抜けてしっかりしてきたと思います。環境は強刺類と同じ場所(遮光無だが鉢の陰、ラピュタ塔最上段)で育生し、拗れることもなく日焼け等もせず、ゆっくりと生長してくれています。とりあえずは今のまま、ゆっくりと生長していってもらいます。

これからもよろしくね、逆鱗丸さん!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。

植え替えて動きが止まる!?

こんにちは。9月になりましたね。ブログ再開しましたが、実はワケあってサボちゃん三昧の生活をできていません。なのでしばらくは私の好きなエキノカクタスの竜たち(今年春の生長)の記事になることをご了承下さい。三昧でなくとも秋の生長・植え替え等々も少しづつ進めてはいるので、記事にしていこうとは思います。

さて本日は、3~4年経ったので竜女冠(Echinocactus xeranthemoides SB475 Little Colorado River, Az)を植え替えました。生長を再開した昨年の様子です。

f:id:sabolefin:20190902134423j:plain

環境にようやく馴染んできましたが、今春の植え替えで動きが止まってしまいました。

f:id:sabolefin:20190902132754j:plain

赤矢印で示したように新刺も見えますがおそらく根にエネルギーを使っているのだと思います。大竜冠、竜女冠、神竜玉などは植え替えて数年かかって新刺を出して、調子が良くなっていくように思います…。今後は年数経っても、グッとこらえてサボテンの顔色を伺いながら植え替えを行います。

ともあれ美人な竜女冠さん、これからもよろしくね!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。