まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

ヒメマクロケントラの新芽

こんばんは。ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。今年のGWは、去年、一昨年と比べて暑くなく、涼しくて過ごしやすい気がします。天気も良いので行楽日和ですね。私はサボちゃんズな日々です(笑)。

さて、本日はヒメマクロケントラ(Opuntia macrocentra var. minor)の新芽が大きくなってきたので紹介させていただこうと思います。

f:id:sabolefin:20170504201143p:plain

↑ こちらは、春先の植え替えから間もない頃(3月くらい?)です。赤紫色の、紅葉の跡が残っていますね。余談ですが、この子をお迎えしたのが昨年9月、水やりを強刺類に合わせていたら全く水を吸わなくなってしまい、さっさと休眠モードに入って秋からずっと紅葉していました。原因は、長い乾燥で牛糞主体の用土がカサカサになり、水を保持しなくなっていたため(牛糞が悪いわけではなく、灌水頻度と用土の相性)で、この他にも昨年は色々と失敗をしました。これについてはまた戒めの記事を書こうと思います。話を戻します。

f:id:sabolefin:20170504202500p:plain

↑植え替えたヒメマクロケントラは赤丸で示したように新芽を出してくれました。(上の写真、別角度からの撮影です。)赤くて綺麗ですね。

f:id:sabolefin:20170504203414p:plain

f:id:sabolefin:20170504203625p:plain

現在の様子です。生長が速く、既にウチワになってきていますね。ウチワは計5枚、第一節から生えており、盆栽仕立てを目指しているので中々イイカンジになるのではないかと目論んでおります。 

春の新芽そして生長は、開花と同様に良いものですね。またお伝えできればと思います。

ありがとう、ヒメマクロケントラちゃんよー!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。

ご無沙汰しております。

こんにちは。5月になりました、ご無沙汰しております。半年近く放置中の拙ブログですが、サボテン育生は楽しんで続けておりますので、細々と更新していこうと思います。これからもよろしくお願い致します。

さて、本日は春…といっても桜の花もとっくに終わり初夏に近いですが、ちょこちょこと写真に収めていた春を載せたいと思います。

f:id:sabolefin:20170501093921p:plain

錦照蝦(Echinocereus reichenbachii v. fitchii SB853 Jim Hogg County, Texas, USA)です。去年と同じく、エビサボちゃんズの開花トップバッターです。今年は二花同時開花です。マゼンダピンクの大きな花と緑色の雌蕊が綺麗ですね。

f:id:sabolefin:20170501094334p:plain

虎爪玉(Echinomastus unguispinus var. crassihamatus)です。難物といわれるエキノマスタス属(今はスクレロカクタス属に統合?)では比較的丈夫で育てやすい種類らしいです。夜間温度が涼しい春秋は新刺をあげて生長が見てとれますし、私も今のところは難しいとは感じていません。話が逸れました、写真の赤丸で示したところに蕾が見えているのがわかるでしょうか。

f:id:sabolefin:20170501100143p:plain

開花しました。見事な花…とはいきませんが、黄緑色のような形容しがたい色の花です。カワイイですね。マミラリアのように、春先から今時分まで何度も何度も開花を続けています。

春の開花はいいものですね。今年は初開花になりそうな子達がまだまだ控えています。またの機会に紹介したいと思います。咲いてくれてありがとう、サボちゃんズよー!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

謹賀新年 平成29年

謹んで初春のお慶びを申し上げます。昨年中は大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

f:id:sabolefin:20161231214517p:plain

f:id:sabolefin:20161231214647p:plain

トゲモノも良いですが、今回は、富士に見立てた映雪丸(Mammillaria hahniana ssp. bravoae)さんで。本年も拙ブログをよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2016年大晦日

こんばんは。多忙な毎日で、ご無沙汰しております。平成28年、2016年もあと数時間、いよいよ平成29年、2017年、新しい年が始まりますね。良い年を迎えられますよう、開花中の銀紗丸(Mammillaria discolor ssp.discolor)の写真を貼って、ご挨拶に代えさせていただきます。

f:id:sabolefin:20161231214506p:plain

良いお年を!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

ちと早いユーベルマニアの花

こんばんは。秋も中~終盤に差し掛かっておりますが、どうもスッキリと晴れてくれません。日照が、太陽が恋しい今日この頃です。

さて、本日は9月下旬頃に早くも咲き始めたユーベルマニアたち、ブイニンギー(Uebelmannia buiningii)とフラビスピナ(U. pectinifera ssp. flavispina)の花です。

f:id:sabolefin:20161029203557p:plain

ブイニンギー(U. buiningii)です。微かな季節の変わり目を感じての開花、といった感じでタイミングよく咲きました。雨ばかりで日照も少なかったのに、植物は不思議ですね。

f:id:sabolefin:20161029203930p:plain

フラビスピナ(U. pectinifera ssp. flavispina)です。この子はなんというか、季節の節目節目で年中咲いているような気がします。透き通った薄黄色の花が綺麗です。

私はユーベルマニアの花というと冬~早春のイメージがあります。代表種のペクチニフェラは早春にしか、ほぼ咲きません。しかし、上のブイニンギーやペクチニフェラ変種のフラビスピナなどは年に何回も咲いていたりします。なので珍しい花でもないのですが、咲けば何となく嬉しいものなので、これからもちょくちょく紹介させていただこうと思います。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。

発根した赤刺金冠竜!

こんにちは。約1ヵ月半ぶりのブログ更新となり、ご無沙汰しております。9月から続く長雨で更新する気が起きず、サボテン同様、グッタリとしておりました。再び、駄記事ながらボチボチと綴っていこうと思います、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、本日は、赤腐れから胴切りした赤刺金冠竜(Ferocactus chrysacanthus f. rubrispinus)が無事発根し始めたので紹介します。以下の記事から約1ヵ月経過(発根を確認し、植えたのは9月下旬)しました。

sabolefin.hatenablog.com

f:id:sabolefin:20161016130722p:plain

f:id:sabolefin:20161027190916p:plain

御覧のように赤丸で示した箇所から発根し始めています。塗ってある乾燥剤はベンレートとハイフレッシュを適当に混ぜたもので、これを払い落とした断面も大丈夫そうです。今回、胴切り時に多少赤っぽい部分を残しましたが、しっかり乾燥させれば神経質になることはないと学びました

f:id:sabolefin:20161027191227p:plain

こうなれば占めたもので、すぐに用土に植えてたっぷりと潅水して通常の育生管理に移行します。

f:id:sabolefin:20161027191553p:plain

水で濡れて、陽光に照らされて、いつもより数割増しで男前、美人さんです。(ちなみに数日後に引っ掛けて抜けてしまったのですが、根はしっかり伸長しており、そっと傷つけないように植え直しました。当たり前ですが、完全に根を張るまで株は抜けやすいので注意が必要です…。ゴメンヨ…。)この子はかなり良い赤刺で譲っていただいたので、生長が楽しみです。元気に育てていこうと思います。発根してくれてありがとう、これからもよろしくね、赤金冠竜さんよー!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。

満開般若・広瀬の春と団扇新芽

こんにちは。先日作ったバーバンクウチワのピクルスですが、初めてにしては上手くできたのではないかと思います。ちゃんとピクルスっぽくなって、それなりに美味しかったです。次に作るときはシロップの砂糖の量をもう一匙増やしたり、スパイスのシナモンが強すぎたのでスパイスを減らしたりすればいいかなと思いました。

さて、本日は花と新芽をお伝えします。

f:id:sabolefin:20160917094500p:plain

f:id:sabolefin:20160917094511p:plain

秋の開花を見せてくれたのはハンニャ(Astrophytum ornatum)です。ここまでの大きさの花と満開を見せてくれたのはお迎え以来初めてだと思います。嬉しいですね。ありがとう。

f:id:sabolefin:20160917094738p:plain

f:id:sabolefin:20160917094747p:plain

こちらは花サボテンの '広瀬の春' です。名前は春を冠していますが、秋にも開花しました。今年は見納めと思っていたので得した気分です。ありがとう。

f:id:sabolefin:20160917095034p:plain

そして、バーバンクウチワ(Opuntia ficus-indica f. 'Burbank Spineless')に新芽が出ています。左側に白くもぎ取った跡があり、これは虫ではなく、私がピクルスにして食べた跡です。

新芽を見て家族がヒトコト、「また食べられるね。」

さて、どうしましょうか。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。