まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

アストロフィツム属(Astrophytum)

満開般若・広瀬の春と団扇新芽

こんにちは。先日作ったバーバンクウチワのピクルスですが、初めてにしては上手くできたのではないかと思います。ちゃんとピクルスっぽくなって、それなりに美味しかったです。次に作るときはシロップの砂糖の量をもう一匙増やしたり、スパイスのシナモンが…

サボテン実生10-2 有星類 2014年組

こんばんは。本日は有星類(Astrophytum)の2014年実生苗です。具体的には、丸ヘキルリランポー玉(As. myriostigma dum)、兜丸(As. asterias)です。 2014年8月5日播種 丸なのかはまだわかりませんが、かなり大きく生長してくれました。複隆というのでしょうか…

神竜玉の開花・結実・採種

こんばんは。七月も半ばを過ぎ、梅雨もそろそろ明けて、いよいよ夏本番となりますね。すでに高温多湿によって、一部の高山性のサボちゃんズが逝ってしまいました…。この時季、猛暑となる今年は特に注意が必要です。ある意味、冬よりも鬼門ですね。 さて、本…

ハンニャとランポーの交配 その2.採種・播種・発芽

こんばんは。以前、交配したハンニャ(Astrophytum ornatum)とランポー(ストロンギ:A. myriostigma var. strongylogonum)ですが、うまく結実してくれまして、採種・播種しましたので報告いたします。 sabolefin.hatenablog.com 二花とも結実し、果実が弾けて…

ラピュタ塔中段が花畑に!

こんばんは。花盛りなのは花サボテンたちだけではありません。ラピュタ塔中段、ランポーと太平丸専用フロアを覗いてみると大きな花を咲かせていました。 新刺、新刺座の綿毛も良いですが、やはり花が咲くと華やぎますね。ちなみに今年は播種・採種の予定が詰…

いまわしい赤腐れ 2

こんばんは。嵐は去り、好天に恵まれたので潅水と簡易温室の掃除をすることにしました。ところで私の灌水の目安、生長期は、 表土が乾いている 鉢を持った時、ある程度軽い 鉢底を見て、鉢底石(日向土を使っており、水分を含んでいると変色する)が乾いてい…

ハンニャとランポーの交配 その1.人工受粉

こんばんは。昨夜から今日まで雨が降り続いていましたので、曇っている午前中にサボテンを外に出して自然灌水しようと思いました。しかし、そのまま晴れてしまい、結局、人工潅水と相成りました。嬉しいやら、悲しいやら、儘ならないですね。 さて、本日はハ…

振武玉が咲いた 白ランが咲いた 綾波も咲いた!

おはようございます。本日は三種のサボちゃんが開花したので紹介したいと思います。 振武玉(Echinofossulocactus lloydii)です。いつものことながら刺に阻まれて窮屈そうに咲いています。白を基調として中筋が薄紫色のエキノフォスロらしいストライプカラー…

ランポーいろいろ

こんばんは。今日は親株として育てているランポーたちを何人か撮ってみました。 白ランポー玉(Astrophytum coahuilens)です。毛羽立ったような密集した白点と底紅の花を咲かせるのが特徴で、やや多湿に弱い性質のようです。多湿に弱い=乾燥を好むのかはわか…

サボテン実生その9-2 2014年実生組

こんにちは。午前中つい先程まで土砂降りでしたが、現在は雨は上がり晴間が覗いています。気温も高いので、今日はこれから蒸し暑くなりそうです。 さて、本日は先日の続き、2014年実生苗の生長を報告します。 sabolefin.hatenablog.com ペクチニフェラ(Uebel…

ランポー植え替え

おはようございます。本日は、植え替えして陰干ししているランポー達です。 まず、抜きあげて土を落とします。どの子もよい根張り具合でした。ここで、抜きあげた様子を見た家族の感想:「宇宙人みたい!いっぱい宇宙人がいる!」タコみたいな宇宙人でしょう…

自家播種・ランポー玉実生2

こんばんは。本日は2015年初夏に播いたランポー玉たちの経過についてです。色々と失敗しましたが、戒めとして記事にしたいと思います。 手前下側に写っているのが生き残っているランポー玉たちです。左は我が家の恩塚ランポー同士の交配苗で白点が毛羽立った…

ふと、兜の風景

こんばんは。今年もあと3日ですね。私生活もそうですが、サボテン・タニクたちとの出逢い、別れ、あっというまの一年でした。接ぎ木や用土の研究、実生、露地植え、ラピュタ塔の改造等々、忙しくて思うようにできなかったので、来年はできるといいなと思い…

虫の仕業か根腐れか?

こんばんは。暦は大雪を迎え、すっかり冬ですね。最低気温が氷点下を下回る前に今年最後の潅水をしています。そして、サボテンたちには春までなんとか耐え忍んでもらいます。良い春を迎えられるといいですね。 さて、本日は良い話題ではありませんが教訓とし…

ランポーが好き

こんばんは。爽やかな秋晴れの日が続いています。昼間に日向に出ると暑いくらいで、夜は放射冷却の影響が大きく現れて急激に冷え込んだりします。風邪も流行ってきていますし、何度も言っていますが体調管理には十分注意したいですね。 さて、本日は私の好き…

自家採種・ランポー玉実生1

久しぶりの更新です。梅雨明けしたと思えば、連日の猛暑、頻繁な台風の襲来と優しくない天候が続きますね。簡易温室も3か所の出入り口全開、家に居るときは度々のシリンジ(霧吹きで水をまくこと)をしています。何人か日焼けてしまったり、後述しますが実…

ランポー結実・採種

早くも台風が上陸したりと、今年も油断ならないですね。現在の気候は、快晴であれば湿度も低めで過ごしやすく、昼夜の温度差も出てサボテンの生育に適しています。ずっとこのままならいいんですけどね。 さて、先日花が咲いて花粉を相互交配したランポー玉、…

アストロフィツムの花 2015

本日は有星類(アストロフィツム,Astrophytum)の花を紹介します。 以前紹介しました兜丸(A. asterias)です。札メモが見つかり、この子はISW兜の交配のようです。ISWとは岩田スノーホワイトの略で、白点の密なタイプの兜だそうです。直射日光に当てずに遮…

うちの兜丸さん

せっかくの春だというのに、芳しくない天気が続きますね…。いつになったらスッキリ晴れてくれるのでしょうか。サボテンもサボレフィンも晴れを待ち望んでいます。 本日は我が家の兜丸(Astrophytum asterias)たちです。有星類の中でも特に人気があり、兜だ…

鸞鳳玉の花

つい先程、栽培室をのぞいてみるとランポーの花が咲いていました。我が家に来て初の開花です。 花粉を保存して般若と交配させるつもりでしたが、今年は止めておきます。来年は交配して播種・実生をしたいと思います。 咲いてくれてありがとう、これからもよ…

サボテン紹介その3.アストロフィツム

”サボテン”と聞くと大半の方は、サボテンの王様と言われる金鯱や柱サボテン、多肉植物のユーフォルビア 大雲閣 等を思い浮かべるのではないでしょうか。そして、アストロフィツム属 鸞鳳玉(らんぽうぎょく,myriostigma)を初めて見た方は”サボテン”とは思…

般若の花

先程、開花が間近だった般若の花が咲きました。 般若は6月下旬~7月初旬頃にお迎えしたのですが、これで3回目の開花をしてくれました。花は薄いクリーム色をしており、5~6 cm程の大きさで見ごたえもあります。しかし、今日明日中には萎れてしまいます。隣…