まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

ユーベルマニア属(Uebelmannia)

ちと早いユーベルマニアの花

こんばんは。秋も中~終盤に差し掛かっておりますが、どうもスッキリと晴れてくれません。日照が、太陽が恋しい今日この頃です。 さて、本日は9月下旬頃に早くも咲き始めたユーベルマニアたち、ブイニンギー(Uebelmannia buiningii)とフラビスピナ(U. pecti…

秋を感じるユーベルマニアたち

こんばんは。台風10号がUターンして本州に上陸の恐れがあるそうで、戦慄しております。私の住む地域は直撃を避けていますが、備えあれば憂いなし、憂いの無いよう備えておきます。各地でも、どうか被害が最小限でありますように。 さて、本日はユーベルマ…

Uebelmannia ペクチニフェラ黄刺変種

こんばんは。先日の夜中は大雨で朝方には警報まで発令されましたが、日中は曇ったり晴れたりして雨は降りませんでした。予報では雷雨のはずだったのですが、良いやら悪いやら、です。 さて、本日はユーベルマニア属ペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera)…

サボテン実生10-1 ペクチニフェラ 2014年組

こんばんは。本日は曇りでしたが、比較的涼しくて過ごしやすかったです。いつも、とは言いませんが、たまにはこれぐらいの気温であってほしいものです。 さて、本日は実生2年目アラツーになるペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera)の実生苗たちです。写…

接ぎ木に挑戦!

こんばんは。今日(4月4日)は二十四節気の清明(せいめい)、万物が明るくすがすがしく美しいころです。生憎の天気ですがすがしいと言うよりは蒸し暑いのですが、庭に出てみると草姿が青々と育ち、キウイの樹からは新葉・新芽が芽吹き始めており、明るく美…

ブイニンギー採種

こんばんは。昨日今日は寒の戻りで肌寒いですね。花粉症と風邪?のダブルパンチで少々辛いサボレフィンです。皆様もお気をつけください。 さて、昨年12月にブイニンギー(Uebelmannia buiningii)の花が咲き、株が小さいので受粉・結実はさせないつもりでした…

サボテン実生その9-2 2014年実生組

こんにちは。午前中つい先程まで土砂降りでしたが、現在は雨は上がり晴間が覗いています。気温も高いので、今日はこれから蒸し暑くなりそうです。 さて、本日は先日の続き、2014年実生苗の生長を報告します。 sabolefin.hatenablog.com ペクチニフェラ(Uebel…

Uebelmannia・フラビスピナの採種

こんばんは。今日も含めてのここ数日は天気も悪く、さらに寒いですね。明日からは晴れるようですが寒さはしばらく続き、来週の後半くらいからまた暖かくなるようです。少しづつ春の訪れを感じますが、気候の変化は中々シンドイですね。 さて、先日、待望のフ…

Research of Uebelmannia 1

こんにちは。さて、本日はユーベルマニア属の研究…と大それた題になっていますが、私の中のちょっとした知識の整理ですのでご了承ください。また、仕入れたばかりの知識で学名諸々に誤りがあるかもしれません。ご指摘・ご意見等いただければ幸いです。 グミ…

いまわしい赤腐れ

おはようございます。先週末は蒸し暑いくらいでしたが、昨日今日と気温が2月並みに戻りました。今週末も天気が悪くなるようですが、また暖かくなるのでしょうか。 さて、昨日ようやくフェロカクタスたちの植え替えを始めました。 根鉢になるぐらいしっかり…

プセウドペクチニフェラの初開花

こんにちは。最低気温は相変わらず零下を記録していますが、それでもマシな気温になりました。まだ安心はできませんが、できればこのまま徐々に暖かくなってほしいです。 さて、何度も紹介していますプセウドペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera var. ps…

顔違いのメニネンシス

こんばんは。連日、最低気温は零下となり、春前の本格的な寒さが身に沁みます。人間は電気毛布に包まり、サボテンたちは新聞紙に包まって保温しております。暖かくなるまであと1ヶ月程、早いようで長くなりそうですが、無事に迎えたいですね。 さて、本日は…

初開花か?プセウドペクチニフェラ

こんばんは。寒くなってくると植物の変化も乏しく、記事を更新するのがなかなか難しいです。日々の変化を拾ったり、興味深い記事を毎日更新されている方は尊敬します。 さて、何度も紹介することになりますが、今年好調子のプセウドペクチニフェラ(Uebelmann…

ブイニンギーの花

こんばんは。本日はクリスマス・イヴですね。私は世間に便乗しまして、特別にコンビニエンスストアのロールケーキに苺(あきひめ)を装備して食べました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。おごそかに過ごす方も、楽しく過ごす方も、忙しく過ごす方も今日が…

ユーベルマニアの蕾

こんばんは。先日の強風でフレームがバベルの塔となってしまったことを話しましたが、今度はそうならないように地面に平らな基礎を作り、その上にフレームの4隅の柱を物干し竿の土台にセメントで固定し、さらに単管パイプ+基礎で組んであるキウイ棚とロー…

プセウドペクチニフェラの生長

こんばんは。昨日の強風でバベルの塔二号が本当のバベルの塔になりました…。つまり倒壊しました。養生中のサボテン含めて全部投げ出され、どうしようかと途方に暮れております。とりあえずは、抜き苗状態にして簡易ハウス内に取り込みました。塔を建てるとき…

ユーベルマニア属の生長

おはようございます。今日は雨が降っていますね。立冬も過ぎて暦の上では冬に入り、気温も日々下がってきております。といっても来週は少し暖かくなるようですが。スッキリと晴れの日が続いたら、今年最後の潅水をしようと思います。 さて、本日は新刺を出し…

ユーベルマニアの発芽と酸性度の関係 その1

おはようございます。さて、本日はプセウドペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera var. pseudopectinifera)とメニネンシス(U. gummifera var. meninensis)を異なる酸性度の用土に播種してみた結果についてです。以下、レポートっぽくしてみます。 実験背景…

ユーベルマニア属 Uebelmannia and their environment

サボテンは非常に多くの種類が存在し、過酷な乾燥帯で生きるもの、肥沃で湿潤な土地で生きるもの、森林で共生しているもの、等々と多岐に渡っています。その自生地について知ることは、どういった性質を持つのか、どういう環境を好むのか、栽培・育生する上…

サボテン紹介その6.ユーベルマニア

本日は、ユーベルマニア属(Uebelmannia)を紹介します。見た目は、おおよそサボテンらしくないチョコレート紫色や紫がかった濃緑色で、ザラザラとしたサメ肌をしており、成長すると馬の鬣を彷彿させるように黒い刺を並べて生やします。また、現地株はチョコ…

サボテン実生その1

先月から、ユーベルマニア(Uebelmannia)属 ペクチニフェラ(pectinifera)を種から育てはじめました。 4号のプラ鉢に底から軽石、サボテンの土を入れて、表土5mm厚くらいで鹿沼土小粒を敷き、土を熱湯消毒して、冷めたら種を10個播きました。鉢は腰水…