まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

サボテン実生その1

先月から、ユーベルマニア(Uebelmannia)属 ペクチニフェラ(pectinifera)を種から育てはじめました。

4号のプラ鉢に底から軽石、サボテンの土を入れて、表土5mm厚くらいで鹿沼土小粒を敷き、土を熱湯消毒して、冷めたら種を10個播きました。鉢は腰水し、透明なソフト下敷きで蓋をしてフレームで管理しています。特にベンレート水和剤といった殺菌剤での消毒はしていません。

f:id:sabolefin:20140813154351j:plain7月18日播種

画像が汚い上に見づらいですが、赤線で囲った所にゴマ粒ぐらいの種が10個播いてあります。生長すると右上のような姿形になってきます。このペクチニフェラは生長がすごく遅いらしいのですが、風貌がすごく好きなので楽しみです。

 

f:id:sabolefin:20140813155201p:plain8月9日

現在、10個中9個が発芽しました。早くに発芽した苗は、棘も見えています。そろそろ、腰水を止めて、外気に慣らした方がいいのでしょうか。特に問題なさそうですが、経過観察な毎日です。元気に育っておくれ~!