まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

ホマロケファラ属 Horse Crippler

彼岸の入りしましたね。日中、日が当たれば暑いですが日陰にいれば肌寒いくらいで、去年に比べるととても過ごしやすい毎日です。サボテンは、最後の植え替えを済ませました。

f:id:sabolefin:20140922182439p:plain

オークションで競り落としました、ホマロケファラ(Homalocephala)属 綾波(texensis)です。扁平な形で、突き出た棘がなんとも言えない味がありますね。棘が広い株は王綾波、棘の長い株は剣峯と呼ばれ、有名な棘サボテンです。私は、棘サボテンの中でも特に綾波が好きで、9月の初めから実生もしています。実生については、また紹介したいと思います。

この綾波、原産地アメリカ・テキサス州では別名Horse crippler、Devil's head等と呼ばれているそうです。

f:id:sabolefin:20140922185319p:plain

画像引用*1

このように株が地中に埋もれつつ棘が突出している、謂わば天然の撒菱(まきびし)です。野生では特に身もギッシリと詰まって、お馬さんも踏んだらタダでは済みませんね。名前の通りです!*2

今まで生きてきて海外旅行に興味はなかったのですが、この綾波のようなサボテンの野生株はぜひ見に行きたいです。海外情勢、治安が落ち着いたら、海外旅行を計画したいと思いました。サボちゃんズに人生を楽しくさせてもらっています。

 

”Horse Crippler”,”texensis”で検索すれば、原産地でのこのような綾波の画像が出てきます。”ホースクリップラー”で検索すれば、綾波を紹介している日本のサイト様も出ますので興味がある方は検索してみてください。