まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

サボテン実生その4

冷えますね。温度計は最低温度14~15℃を示していますが、体感ではもっと寒い気がします。そんな中、水をほぼ切っている状態で王冠竜(Ferocactus glaucescens)をはじめとするフェロカクタスは調子よく生長してくれているようです。ホームセンターからお迎えして、我が家で育てているうちに強い棘を出して生長してくれると嬉しくなりますね。

f:id:sabolefin:20141112181122p:plain

さて、7月~8月から始めた実生ですが、苗は防寒無・無加温の簡易栽培室で生長を続けているようです。

f:id:sabolefin:20141112181743p:plain

左からペクチニフェラ、丸ヘキルリランポー玉です。前回から1カ月半の経過ですが、ペクチニフェラは玉型に、丸ヘキランはランポーらしい形に大きくなっています。どちらも赤っぽい色をしているのですが、これは仕様なのでしょうか。

f:id:sabolefin:20141112182325p:plain

中央が赤棘金冠竜、右上が綾波、右下が兜です。いくつか溶けて脱落していますが、全滅せず大きくなってくれています。

f:id:sabolefin:20141112182628p:plain

この赤い円で囲んである苗は、双頭ランポー、世界の図の鉢からそれぞれ生えてきた子です。こぼれ種からの発芽でしょうが、得した気分です。成長するまで正体がわからない種も、大きくする楽しみがありますね。

簡易温室での屋外越冬(予報で氷点下になるようなら室内へ入れます)、実生、とサボ人生初の経験ばかりで手探り状態ですが、今後のサボテンとの付き合いに活かせるようにしたいです。無事越冬しておくれ~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村