まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

タニサボ風景その1

今日も気持ちの良い晴れです。栽培室は最高気温40℃、最低気温6℃程で落ち着いており、ポカポカしているためか、先月お迎えしたランポー玉が家に来て初めて開花してくれました。大きな黄クリーム色の綺麗な花です。咲いてくれてありがとう!

f:id:sabolefin:20141123132231p:plain

話は変わりますが、昨夜、長野県を中心に結構大きな地震がありました。私の住むところも長い横揺れがありましたが、幸い被害はありませんでした。長い横揺れ、あの東北地方太平洋沖地震の時もでしたが遠方で大きな地震があると長い横揺れが続くため、遠方で大きな地震があったのではないかと心配になります。常に地震対策はしておこうと、昨夜にあらためて思いました。

さて、今日も徒然なるままにタニサボ植物の写真を貼っていきます。

先日収穫したキウイフルーツです。雌株の調子が悪く、これだけしか採れませんでした。実の状態もあまりよくないです。かれこれ20年近く在るキウイ、樹の寿命なのでしょうか。心配です。

f:id:sabolefin:20141123134803p:plain

 リンクブログのスーパーサボテンタイム様で、オベサ(Euphorbia obesa)、シンメトリカ(Euphorbia symmetrica)の話を聞いて、オベサがいないかホームセンターをブラブラして物色していたらオベサには出会えませんでしたが、なんとリトープス(Lithops)と出会いました。

f:id:sabolefin:20141123135124p:plain

上は購入時の写真。右の子は脱皮して分頭したようです。他に売っていた子の中には皮が付いたままの子もいました。育て方のメモ:水やりは渋めに、日によく当てて風通しを良くする、冬生長型、植え替え適期は10月~12月、耐寒温度は-2℃と比較的強い、二重脱皮を防ぐため春先の脱皮時は潅水しない。

f:id:sabolefin:20141123135740p:plain

購入時の用土は水はけが悪そうだったため、サボテンに使う無肥料の基本用土に元肥を少し入れて植え替えました。元気に育ってね~。

昨年100円均一からお迎えした札落ち金盛丸(Echinopsis calochlora)。生長旺盛で今年の春先から二周りはおおきくなりました。水をあげるほど育つので、あげすぎて水ぶくれにしないよう注意が必要だと思います。なかなか整った形に育てられないのですが、ツヤツヤ若草色で可愛いです。

f:id:sabolefin:20141123141157p:plain

下の写真は私がサボテンを育てるきっかけとなった金盛丸です。昨年は窓辺で、今年は屋外で育てていますが、やはり日に当てるほうが機嫌がよさそうです。金盛丸は仔をつけやすいと聞きましたがこの子は米粒ほどの仔株が出てきただけで、しかも仔株はほとんど育っていないようです。親株は元気そうなので構わないのですが、子株に日が当たらないからなのでしょうか。

f:id:sabolefin:20141123142524p:plain

今年は花が咲いてくれるかな。元気に育ってね~!タニサボ風景その2は近いうちに貼っていきたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村