まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

師走

12月に入り、平成26年・2014年も残すところあと一ヶ月ですね。この時期になると何となくソワソワしてきます。大掃除、年越し、衆院選挙等々、良い年を迎えられるよう、やり残すことなくこなしていければと思います。

さて、月初めを飾るのはあざやかな色のサボテンたちです。

f:id:sabolefin:20141201184918p:plain

寒い中、生長している黄刺金冠竜(Ferocactus chrysacanthus)。水は先月終わりから切っていますが、昼夜の寒暖差で生長が促されているのでしょうか。

f:id:sabolefin:20141201174617p:plain

赤い円で囲ったところに見える黄色の新棘が綺麗です。

f:id:sabolefin:20141201175827p:plain

こちらは刈穂玉(Ferocactus gracilis)。彎曲した赤い棘が美しい種類です。日が燦々と差し込んだ姿にウットリとさせられます。元気に、そして美しい棘を作れるよう大切に育てたいと思います。

f:id:sabolefin:20141201182621p:plain

赤い斑が綺麗な緋牡丹錦(Gymnocalycium mihanovichii)。お土産に頂いた子で、育ててみたかったこともあり感激しました。周りが緑色のサボテンの中、栽培室が彩られるように思います。育生に関して、斑入り種はやや弱く特に牡丹玉は根も弱いと聞きます。枯らしてしまわないか不安ですが、大事に育てたいと思います。

来年も彩りあるサボテン育生になりますように。みんな元気に育ってね~!

 

11月の栽培室環境(最高最低温度)

f:id:sabolefin:20141201195827p:plain

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村