まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

サボテン紹介その7.エキノプシスおよび交配種

こんにちは。毎日寒いですが、日照時間が伸びて春が近づいているのが実感できる今日この頃です。もう幾つ寝ると、待望の生長期!負けずにガンバレ、サボちゃんズ!

 さて、本日は短毛丸をはじめとするエキノプシス属(Echinopsis)、およびエキノプシス系の花サボテン交配種についてご紹介したいと思います。性質は寒暑多湿に強く丈夫で、地域によっては露地越冬もでき、栽培しやすい種類が多いです。特に短毛丸、花盛丸、白檀等は日本で古くから民家の軒下や庭で育てられ親しまれています。また、生長も早いため、接ぎ木の台木に使われたりします。

f:id:sabolefin:20150125195922p:plain

短毛丸(Echinopsis eyriesii)。南米アルゼンチン、チリ、ボリビアペルー、ブラジル、エクアドルパラグアイウルグアイ、アルゼンチン(エントレ・リオスブエノスアイレス)に分布。*1*2 5月から初夏にかけて、夜間にラッパ状の大きな白い花を咲かせます。また、写真のように仔を吹きやすく、あっという間に大群生の株となります。仔は親株と一緒の状態でも発根するため、カキコで容易に増やすことが出来ます。

f:id:sabolefin:20150126164647p:plain

写真右:世界の図(E.eyriesii Pfeiff.et Otto aff.)。斑入りの短毛丸です。通常、斑入り株は[名前]錦という呼びますが短毛丸錦は世界の図、花盛丸錦は花和尚と洒落た呼び方をします。写真左は伊藤ロビビア交配種札落ちの子です。

f:id:sabolefin:20150126160245p:plain

大豪丸(E.subdenudata)。南米、ボリビアパラグアイに分布*3。無刺短毛丸、王冠短毛丸の名でホームセンター等に売っていますが、実際は本種であることが多いです。寒さで紫色になっていますが、本来は深緑色の肌です。

f:id:sabolefin:20150126164631p:plain

金盛丸(E.calochlora)。ブラジル(ゴイアス州、マットグロッソ·ド·スル州)に分布。性質は短毛丸ほど強くありませんが、それでも育てやすく丈夫です。

エキノプシス、交配種ともに春から初夏にかけての開花期には大きなラッパ状の花を咲かせ、見ごたえがあります。種類によっては夜間に花を咲かせる子も多いです。以前の記事でも話題にしましたが、その昔、故 伊藤芳夫 先生方は他種同士を盛んに交配させて美しい色の花を咲かせる伊藤ロビビア等の品種を作出し、サボテン界に花サボテンというジャンルを生み、今日では様々な美しい花を咲かせる交配種が誕生しております。交配種は丈夫な性質のエキノプシスがベースなため、初心者でも比較的容易に育てられるところも魅力的です。

f:id:sabolefin:20150126155328p:plain

赤花ゴールドスター。葉緑素が少ないため?黄緑色をしており、生長もやや遅いです。花はまだ見ていません。名前の通り赤い花が咲くのでしょうか。

f:id:sabolefin:20150126171338p:plain

春桃丸。縦に大きく育つようです。薄桃色の綺麗な花を咲かせます。

f:id:sabolefin:20150126171317p:plain

f:id:sabolefin:20150126171923p:plain

札落ちの伊藤ロビビア交配種。株の径が5~6 cmを超えるぐらいで花を付けるようなので、上の写真の子は今年か来年には開花するかもしれません。

今まで育生した感じでは、春,秋の生長期はよく生長し、水、肥料ともに多めに与えれば大きくなります。元々の性質が強いため、根腐れは滅多になりませんが、過度に潅水して生長させると軟弱になりやすいそうなので注意が必要です。用土は一般的なサボテン用のものでもよく育ちますが、草花に準じた配合を心掛けると成績が良いでしょう。夏は通風と遮光をする、もしくは露地栽培でよく育ち、冬も寒さに強いことから零下2~3 ℃では特に問題はありません。

f:id:sabolefin:20150126173757p:plain

f:id:sabolefin:20150126174343p:plain

白檀(Chamaesereus silvestrii)現在はEchinopsisに統合されている?そうです。南米、アルゼンチンに分布。日本では、民家の軒先で大群生になっていたりします。下の写真は松ぼっくりならぬ、白檀が道路に転がっているのを頂いてきました。春にかけて赤い花を咲かせます。温室よりも屋外軒先等の方がよく育つようです。

f:id:sabolefin:20141121212352p:plain

チグレリアナ(Lobivia tiegeliana)現在はEchinopsisに統合されています。ロビビアは少し気難しい性質があったりし、注意が必要です。

有名な種類のエキノプシスは生長も早く、花も綺麗で性質は強く、大きくなりすぎず(6号鉢程度)、機嫌の良し悪しもわかりやすいので初心者にオススメの種類と言えます。100円均一などで安価に購入できるのも魅力です。花目当てで交配種を買ってみるのも面白いかもしれません。エキノプシス、あなたのお部屋、お庭にいかがでしょうか!

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!