まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

赤鳳のいい香り

毎日毎日雨ばかり…ということもなく、曇りたまに雨、晴、また曇りな日が続いています。このまま梅雨明けしてくれればありがたいのですが、そうもいかないですよね。

f:id:sabolefin:20150617214148p:plain

さて、この写真に写っているものが何だかわかりますでしょうか。サボテンの果実と考えた方、惜しいですっ! 実はこれ、サボテンの果実なんですが、粃(しいな)なのです。つまり種が出来ずになった果実ですね。赤鳳(Ferocactus stainesii,下の写真右)というサボテンの果実で、熟して乾燥させて種を収穫しようとしたら粃だったそうです。珍しいのと、面白い(後述)のでいただいてきました。

f:id:sabolefin:20150419172625p:plain

この粃、指でモミモミすると黒糖のような甘い、いい香りがします。サボテンは株もその果実も酸っぱいので、このような香りがするのは意外に感じます。ところで、黒糖の香気成分というのは、サトウキビからの製法・貯蔵によって差異が生まれるそうで、キャラメルフラノンとも呼ばれるソトロン(sotolone)という焦がした砂糖の香りのする物質を主成分に、甘い焦げた香りのフェノール誘導体、加熱食品特有の焦げた香りのピラジン誘導体が混ざり合い、絶妙ないい香りになっているそうです。*1,*2,*3

f:id:sabolefin:20150617224836p:plain

話が逸れましたが、サボテン赤鳳の粃もこのような香り成分が含まれているのかもしれませんね。あるいは熟して乾燥していく過程で自然に生合成されたのか。フェロカクタスは刺座にある蜜腺から盛んに蜜を出すサボテンですから、ひょっとすると関係があるのかもしれません。サボテンの粃のいい香りから、遠い化学の記憶を呼び起こされたサボレフィンでした。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!

 

References