まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

酷暑とサボテン

毎日毎日、暑いですね。日陰に居ても、吹く風は熱風でウンザリします。10年位前の夏はここまで酷くなかった気がするのですが、気のせいでしょうか。せめて夜だけでも涼しくなれば良いのですが。

さて、この酷暑の中、気をつけてはいましたが日焼けをさせてしまいました。

f:id:sabolefin:20150731235714p:plain

赤城(Ferocactus macrodiscus)です。真ん中から右下部分にかけて黄色っぽくなっているのがわかるでしょうか。焼けた当初は白く爛れていたのですが、すぐに霧吹きで水をかけて冷やし、寒冷紗の帽子を被せて遮光をして、ここまで回復しました(処置が有効であったのかはわかりません)。光線に強いフェロカクタスですが、赤城はトゲビッシリではないためにそこまで強くなく、まだ5~6 cmの小苗で、さらにこの赤城はスーパーの片隅で売れ残っていたのを救出した子であるために、初めての過酷な環境下は厳しかったのでしょう。拗れてしまったわけではないようなので、養生させつつ、環境に慣れさせていこうと思います。

f:id:sabolefin:20150731235758p:plain

黒王丸(Copiapoa cinerea)です。寒冷紗の帽子を被せていますが、日に焼けてオレンジ、皮は焼きトマトのようになっています…。まだ幼苗で耐候性が低く、厳しい環境のせいだと思われます。ただ、生長点は動いて新棘をあげているので、程よく遮光しつつ、よく風の通る所で育てたいと思います。

f:id:sabolefin:20150731235811p:plain

太平丸です。御覧の通り、左側に生々しい火傷の跡、株全体に凹みがあります。これでも数日前よりは回復している状態です。太平丸は刺の見た目から強光線には強そうですが、普通のサボテンよりもラジエーター機能を持つ襞(稜)が小さく、案外強くありません。現在は養生させています。

この季節は温室をうっかり開け忘れただけで軽く50℃は超えて、下手をすると70℃近くなります(電子温度計の測定限界温度70℃を超えていたことがありました)。しかし、夜間に開けっ放しにしておくと防犯や虫、急なにわか雨に対処できず、難しい所です。なので最近、通風は悪くなりますが防虫ネットを出入り口に張り、天気予報をチェックして開放しています。ごめんね、気を付けるからね、サボちゃんズよ~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!