まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

オプンチア属バーバンクウチワ Opuntia ficus-indica 'Burbank Spineless'

暑中お見舞い申し上げます。炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

さて、本日はサボテンステーキで有名なバーバンクウチワ(Opuntia ficus-indica 'Burbank Spineless')のこれまでの生長をご紹介したいと思います。

f:id:sabolefin:20141013112706p:plain

2014年10月13日台風19号の襲来前後の日だったでしょうか、バーバンクウチワのカキコを手に入れた翌日だったと思います。このときは切断面を乾燥させています。

f:id:sabolefin:20141107163153p:plain

2014年11月7日挿し木して根が出てきたのを確認しました。切断面よりも刺座から根を出していたのが印象的でした。

f:id:sabolefin:20150428002108p:plain

2015年4月26日、3月始めに植え替えしてから肉厚の団扇になり、新芽の兆しが見え始めました。

f:id:sabolefin:20150812004043p:plain

2015年5月6日、新芽が3つ確認できます。この時、団扇の頂上部分の新芽には小さな虫が付いており、あわてて水をかけて吹き飛ばし、念入りにチェックしました。

f:id:sabolefin:20150812004102p:plain

2015年5月24日、新芽が団扇らしくなってきました。刺座となる部分からは柔らかな突起が生えており、若芽であるか、そうでないかが一目瞭然となります。また、懸念した通り、虫がついていた芽は食害されていたようで団扇が変形しています。

f:id:sabolefin:20150812004120p:plain

2015年6月11日、若芽の特徴の突起が刺座に変わりつつあります。みるい団扇がしっかりしてきました。

f:id:sabolefin:20150812004157p:plain

2015年7月26日、各団扇は親株と同じようになり、新しい団扇も生えて成長してきました。生長がすこぶる良いので、鉢増ないし地植えにするために植え替えました。スーパーサボテンタイム様の記事を見てやってみたかった天空の城ラピュタごっこもしましたよ。

f:id:sabolefin:20150812004225p:plain

2015年8月10日、大型の鉢に植えて団扇がツヤツヤと光り、ご機嫌で育っています。地植えも考えましたが、御覧の通り、駆逐したはずの雑草が生い茂っており、断念しました…。

ここまで育生した感じでは、バーバンクウチワはかなり強健なウチワサボテンで、日本中部地方の気候に合っており、屋外で越冬し、梅雨の長雨でグングン生長します。また、ここ最近の高温多湿な気候をモノともせず、元気よく生長します。

潅水は露地植えで自然に任せるか、鉢植えでは多めに与えます。サボテンの大きさを気にしないのであれば、有機肥料たっぷりの水持ちの良い用土に、植える鉢は大きければ大きいほど良く生長します。ただし、寒い時季はウチワサボテンの生長も鈍りますので、晩秋にカキコを植える際は小さめの鉢に植えた方が鉢が暖まりやすく、根は出やすいと思います。

まだ、食用はしていませんが、生長次第で食べてみたいと思います。これからも元気に育ってね~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!