まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

魔法の水

こんばんは。今日も気持ちの良い秋晴れですね。今日みたいな秋晴れが続いてほしいのですが、旅行に行く今週末の予報は雨です。儘ならないですね。

さて、本日はサボテンの潅水についてです。私は、水道から水道水をジョウロに汲んでサァッとあげる、もしくは水道にホースを繋いで直接潅水する、という方法をとっています。また、ロフォフォラや綿毛を汚したくない種類には水差しでそっと潅水します。おそらく、ほとんどの方が細かな差異はあれど、こんな感じで潅水しているのではないでしょうか。なぜなら、日本の水道水は水源の違いで多少の違いはありますが軟水でほぼ中性を示し、サボテンの潅水に使っても特に問題はないからです。しかし、ベストに近いのは "弱酸性の水" らしいです*1*2*3。ということで最近では一部のサボテンにクエン酸を少量混ぜた水を与えています。酢でも良いのですが、液体であること、臭いがすること、食酢は何が含まれているのかはっきりしないこと、以上の点から私はクエン酸を使っています。

f:id:sabolefin:20151104185251p:plain

クエン酸といえば、昔、高校生の頃、家庭科の先生が「市販のジュースなんて、クエン酸ブドウ糖、色素で色を付けただけの色水よ。特別な物じゃないのに、単価が高いのよ。」とおっしゃって、授業でジュースもどきを作りましたが美味しくなく、「美味しく作るのは手軽じゃないから値段相応では」と感想を抱いたことを思い出しました。これも同じで、クエン酸を加えてpHを下げた水を与えればサボテンが健やかに育つ、その効果が手間と成績を上回ればこそ、 "魔法の水" となりえます。弱酸性水の効果の程や、いかに!

f:id:sabolefin:20151104203945p:plain

サボテンが出てこなかったので、根がボロボロだったために丸坊主にしたけれど維管束が真っ黒、その後発根して植えつけた流雲(Melocactus curvispinus v. ruestii)です。鉢底から根がはみ出すほど生長し、現在も新刺を出しています。来年の植え替えが楽しみですが、その前に冬が待っています。無事越冬してくれるよう、冬支度を進めたいと思います。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!

 

References