まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

信州への旅 その2

おはようございます。本日は、2015年立冬の日に行きました信州への旅の続きです。カクタス キキさんへご訪問させていただきました。突然のご訪問にもかかわらず、快く案内してくれました。

f:id:sabolefin:20151109194812p:plain

大変素晴らしい太平丸類です。種鞘には交配した相手との札が差してあり、交配親同士が分かるようにしてありました。刺の狂い、暴れ、太さ、自分の思う通りのサボテンの交配作出の過程を聞き、「これはまさに芸術の域だなぁ」と感じました。また、バレーボール並みの大きさの太平丸は初めて見ました。すごい!

f:id:sabolefin:20151109194840p:plain

 テロカクタスたち。太い刺、色褪せない鮮やかな刺も然ることながら、サボテンもふっくらと綺麗に育てられていて、感嘆するばかりでした。フェロカクタスよりも育てやすく、負けないくらい刺も綺麗で立派なのにあまり人気がないのは何故でしょうか。

f:id:sabolefin:20151109194909p:plain

薄暗くなっている別の温室ではロフォフォラもふっくらと作られていました。思わずツンツンしたくなるような子達です。

f:id:sabolefin:20151109194927p:plain

私は詳しくはサッパリですが、有名な出身の牡丹たちらしいです。現在、作り直しをしていて、10年単位はかかるだろうとのことです。気の遠くなりそうな話ですが、サボテンと過ごしていればあっという間かもしれませんね。

f:id:sabolefin:20151109194950p:plain

フェロカクタスたちも色鮮やかに育てられていて、大変素晴らしかったです。特に金鯱はまさに "金鯱" という感じの刺良し、肌良し、形良しの美人さんでした。譲ってもらえるかは別としても、場所の事を考えて踏みとどまりました。

f:id:sabolefin:20151110082746p:plain

f:id:sabolefin:20151110082932p:plain

ビビビッときたニコリーと、竜女冠の苗を譲っていただきました。枯らさないよう、腐らせないよう、いつか交配・採種できることを目標に育てたいと思います。

時間も忘れて、栽培・性質・交配の貴重なお話や世間話をしていただきました。私はサボテン栽培をされている方とこんなに話すのは初めてでしたが、とても楽しい時間でした。タニサボも含めて趣味の世界は、世代・性別等々を越えて共に楽しめるのだなぁと改めて感じました。また、お邪魔させていただきます。カクタス キキさん、ありがとうございました!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!

 

信州は紅葉も盛りで、リンゴ収穫の季節のようです。いろとりどりの紅葉、たわわに生ったリンゴが目を惹きました。気候も肌寒いくらいで、観て回るには過ごしやすいので、観光にもってこいです。オススメします!