まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

フライレア属 士童 Frailea castanea

こんばんは。昨日の最低気温は3 ℃となり、先週に比べて7 ℃も下がっています。私の住む所は日本の中で比較的暖かい方ですが、これは本格的な冬到来でしょう。早くも春が待ち遠しいです。

さて、本日はフライレア属 士童(Frailea castanea)を紹介します。フライレア属のサボテンは総じて小さく、士童の大きさは2~3 cm程です。中には大型士童という選抜種?も居りますが、それでも4~5 cmくらいです。刺はあまり発達せず、扁平でコロコロとしており、大変可愛らしい姿をしています。

f:id:sabolefin:20151128235538p:plain

主にブラジル南部からウルグアイ北部にかけて生息・分布します*1。寒暑に強くて育てやすいサボテンですが、イモ状の根を持つため過湿に注意が必要、且つ株が小さいので個植えは適したサイズの鉢が難しく、何人かを寄せ植えして育てると潅水もしやすいかと思います。日照はある程度遮光する、もしくは他のサボテンの鉢の陰に置いてあげると良いようです。また、士童はダニ発見木(はっけんき)と呼ばれる?くらいダニの被害に遭いやすいので(経験アリ)対策が必要です。私は適宜霧吹きをかけていましたが、毎日は面倒なので、湿らせた日向土の上に鉢を置くようにしたら被害が抑えられました。

f:id:sabolefin:20151129001640p:plain

フライレア属の特徴として条件が合わなければ花は咲かず、閉花の状態で自家受粉して種を作ります。種は有星類の種に似て大きく扱いやすいのですが、寿命が短く、採り播きした方が成績は良いようです。また、フライレア属の中には子葺きする種類もいますが、士童は子葺きをせず、小型種であることもあり、サボテンの中では寿命が短いようです。しかし、自家受粉するため容易に繁殖でき、実生2~3年で親株になるのでサイクルは早いです。

士童も増やしていければと思います。これからもよろしくねっ!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

お読みいただき、ありがとうございます。面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽にいただければ幸いです!!よろしくお願い致します!

 

References