まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

フェロカクタス属 烈刺玉 Ferocactus rectispinus

こんばんは。今日は風が強く、おまけに冷たく乾燥していますね。しかし、空気は澄んでいて今日の夜空は星が綺麗でした。星座はオリオン座くらいしかわからないですが、寒いのも忘れて見入ってました。

さて、本日はフェロカクタス属 烈刺玉(Ferocactus rectispinus)を紹介します。刺が魅力のフェロカクタスですが、一際長い刺をもつのが烈刺玉です。株の径は7 cmですが、それよりも長く約10 cmあります。

f:id:sabolefin:20151204125920p:plain

メキシコはバハカリフォルニア州中部に生息・分布します*1。主に高い崖に沿うように自生することが多いようです。冬生長型のフェロカクタスで、特に気難しい性質ではありませんが、丈夫で育てやすい性質でもありません。用土は排水性よく、やや多肥にして問題ないかと思います。幼苗を除き、株の大きさが5 cmを越えたら通年直射日光下で育てます。できれば温室で育てて、昼夜の温度差を作ってあげれば機嫌よく育つと思いますが、真夏の高温多湿には気を付けます。

f:id:sabolefin:20151204130022p:plain

同じフェロカクタス属の江守(F. emory)の一種ともされるようですが、定かではありません。偉冠竜(↓)(F. peninsulae v. viscainensis)にはどことなく似ている気がします。

f:id:sabolefin:20150930215932p:plain

刺が敬遠されがちなフェロカクタス属、その中で特に刺が長くて育生スペースをとるために人気はいまひとつな烈刺玉さんです。あるサボテン業者さんも、「烈刺玉は値段の割に梱包が大変だから、送料とは別に梱包代をいただきたいよ。」とおっしゃっていました。よって、あまり出回らない品種でしょう。しかし、濃赤色の長刺を生やした姿は本当に格好良いです!!この子を開花株にまで育てて採種・播種・実生できれば、と思います。これからも長い刺をいっぱい出しておくれ、よろしくねっ烈刺玉ちゃん!!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

お読みいただき、ありがとうございます。面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽にいただければ幸いです!!よろしくお願い致します!

 

References