まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

双頭を切る・根腐れの切除

こんばんは。一昨日くらいから例年並みの冷え込みになりましたね。寒いので体調には気をつけましょう。斯く謂う私も風邪気味なのです。

さて、本日は、根腐れを発見した場合の対処です。先日の強風によってバベルの塔が倒れた話をしましたが、このときに双頭の神竜玉(Echinocactus parryi)がひっくり返って幸か不幸か、根腐れを発見しました。

f:id:sabolefin:20151218234407p:plain

既に切断してありますが、こんな感じの双頭・神竜玉でした。グズグズと水気のある腐りではありませんでしたが、赤変していたので根はすべて切除し、双頭を切断しました。

f:id:sabolefin:20151218235048p:plain

f:id:sabolefin:20151218235114p:plain

↑右の頭 既に乾燥していますが、明らかな根腐れです。

f:id:sabolefin:20151218235222p:plain

f:id:sabolefin:20151218235317p:plain

↑左の頭 こちらも乾いてはいますが、状態は悪いです。

お迎えしたときからカイガラムシがビッシリとついていて、そのせいか生長点が動いていない(=拗れている)な、とは思っていました。根腐れ気味だったためにカイガラムシが付いた泣きっ面に蜂の状態だったのか、その逆かはわかりませんが、虫は歯ブラシで掻き落とし、根腐れは切除+殺菌で対処しました。腐りは乾いてきていますし、『太平丸のような堅いサボテンは安易に胴切りするよりも、殺菌して乾かし、自浄作用及び発根を待つ方が良い場合が多い』というアドバイスをいただいたことがあるので、胴切りはやめておきました。

f:id:sabolefin:20151219000432p:plain

f:id:sabolefin:20151219000446p:plain

根にはベンレートの粉をそのまま塗りました(※注:正しくは規定量に水で薄めて使います)。このまま発根してくれればと思いますが、どうなることやらです。変化があれば、また報告したいと思います。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

お読みいただき、ありがとうございます。面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽にいただければ幸いです!!よろしくお願い致します!