まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

初開花か?プセウドペクチニフェラ

こんばんは。寒くなってくると植物の変化も乏しく、記事を更新するのがなかなか難しいです。日々の変化を拾ったり、興味深い記事を毎日更新されている方は尊敬します。

さて、何度も紹介することになりますが、今年好調子のプセウドペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera var. pseudopectinifera)が初開花を迎えそうです。

f:id:sabolefin:20151226234224p:plain

中心の生長点より少し左に赤っぽい綿毛が見え、これが蕾で、発達してきているのがわかります。

f:id:sabolefin:20151226234539p:plain

別の角度から。赤矢印の先に小さな綿毛(=蕾)が見えます。ところで、プセウドペクチニフェラはペクチニフェラの一種で厳密に種類が異なるわけではありません。なので幼苗時はペクチと似通った姿をしております。しかし、生長とともにそれぞれの特徴が現れる境界があるはずで、プセウドペクチは開花が境目なのではないかと推測します。一例として、この秋、特に環境の変化(フェロカクタスのラピュタ塔に入れる等)もなく、プセウドペクチの特徴である長い刺を新しく出し始め、後に蕾を作りました。すでに誰かが検証・発見しているかもしれませんが、私も今後実生をしてこの仮説を確かめてみたいと思います。

f:id:sabolefin:20141230191645p:plain

去年お迎えしたときは環境の変化に馴染めず、越冬のために断水して株は萎み、腰折れしていくばかりだったのでこのまま枯れてしまか、拗れてしまうと思っていました。それが今年は絶好調と言わんばかりに馴染み、初開花も迎えようとしていて感激しております。来年からもこの調子で元気よく育ってくれればと思います。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!