まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

育生風景2015年 その1

こんばんは。今日は12月30日、明日は大晦日で平成27年・2015年も終わりますね。そこで年の終わりに私のサボテン・タニクの育生風景です。何回も見せているので目新しいものでもなく、おまけに散らかっていて見苦しいのはご了承いただければと思います。

f:id:sabolefin:20151230190827p:plain

ラピュタ塔から。カルメナエ、白星、明石丸、松毬団扇、宇宙殿、紫太陽、亀甲ランポー、錦照エビ、後ろは花サボテンの壬生の夕日カキコたちです。西日で撮影しづらかったですが、写りは格好いいですね。

f:id:sabolefin:20151230190859p:plain

世界の図、大豪丸、金洋丸、満月、少し写っているのは月影丸、紫丸、鬼雲丸、カキコたちです。西日で被写体を確認できず、うまく写せませんでした。

f:id:sabolefin:20151230190918p:plain

猛鷲玉、赤花獅子王丸、リンゼイ、雷神閣、白雲閣、縮玉、山川ストロンギたちです。

f:id:sabolefin:20151230190937p:plain

綾波、小平丸、ニコリー、翠平丸、恩塚ランポー、ストロンギロゴヌムです。小平丸とニコリーは日に焼いてしまいました。

f:id:sabolefin:20151230191003p:plain

ラピュタ塔の最上段より、鶴巣丸、長刺神仙玉、大橋紅鯱頭、紅鷹、黄金冠、玉翁、振武玉です。

f:id:sabolefin:20151230191021p:plain

金冠竜、リンゼイ綴化、振武玉、天平丸、光琳玉、狂刺リンゼイです。

f:id:sabolefin:20151230191049p:plain

メイン簡易温室より、大丸盆団扇ベレン袖ヶ浦、桃花短毛丸、オレンジマジック、壬生の夕日、広瀬の春、赫陽丸、雪晃、流雲、朱雲、層雲、金盛丸、フラビスピナ、獅子王丸、プセウドペクチニフェラ、春桃丸です。

f:id:sabolefin:20151230191125p:plain

ユーベルマニアたちです。以下、名前は省略します。ユーベルマニアは花盛りです。ただ、秋の時ぐらい日が当たれば花付き、咲きももっと良いかと思いますが儘ならないです。

f:id:sabolefin:20151230191139p:plain

マミラリア、ノトカクタス、百均出身の子達です。マミラリアも花盛り、我が家に冬を告げてくれています。

f:id:sabolefin:20151230191202p:plain

有星類の親株たちです。今年の夏終わりから秋は全く花が咲かなかったので、もう少し日照を工夫したい所です。

f:id:sabolefin:20151230191235p:plain

エキノプシス、フライレア、百均出身の子達です。

f:id:sabolefin:20151230191249p:plain

簡易温室内のフレームより、有星類の小苗とディスコカクタス達です。有星類は寒さに弱いわけではありませんが、置く場所がないためです。

f:id:sabolefin:20151230191309p:plain

同じく小フレーム内より、実生の幼苗たちも開放育生に切り替え始めています。右の大きな子はユーベルマニア、ディスコカクタスと同じ南米ブラジル原産の柱サボテンです。コレオセファロケレウスでしたでしょうか。

f:id:sabolefin:20151230191337p:plain

簡易温室内に取り込んだパイナップルの挿し木苗です。うまく越冬できればよいのですが…。

f:id:sabolefin:20151230191351p:plain

花牡丹です。手前のとげもんは根元ぶった切り養生中の神竜玉です。

f:id:sabolefin:20151230191405p:plain

簡易温室内の小フレーム、さらに苗帽子を被せてある実生苗たちの育生所です。現在、昼間は平均30~40℃前後、夜は1~3℃前後ですが、生長を続けているようです。

いい加減な紹介で恐縮ですが、こんな感じで育生をしています。できれば大きな温室を遮蔽物のない場所で持ちたいのですが、時間も資金もコネも足りません。足りない日照時間、場所は工夫で補っています。植物には迷惑を掛けますが、元気に育ってくれればと切に願っております。では、明日に続きます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると喜びます!!コメント等もお気軽に、どうぞよろしくお願い致します!