まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

お菓子みたいな白星・開花

こんばんは。新年を迎え、一月も五日が過ぎました。仕事始め、学校が始まったという方も多いのではないでしょうか。今年は暖冬で、一月だというのに昨日今日と日中は三月から四月くらいの気温だったそうです。サボテンは水を切って強制休眠させようと試みていますが、新刺を出して生長を続けている子も多いです。最低気温は1℃前後ですが、寒さに弱いディスコカクタス、メロカクタスも動いており、今年は "寝ずの冬" になるかもしれません。生育のリズムが崩れて調子が悪くならないか心配ですが、なるようにしかなりません。寒すぎるのも心配ですが、暖かすぎるのも心配で儘ならないです。

さて、昨日今日と暖かな日中に白星(Mammillaria plumosa)が開花してくれました。去年からあまり大きくなっておらず、ピンポン玉くらい(鉢は3号SN鉢)です。また、去年は蕾らしきものを作っていましたが咲かず仕舞いでしたので、今年初開花ということになります。メイン温室からラピュタ塔に引っ越したところ開花に至りましたので、開花のトリガーとなるのはしっかりとした日照と昼夜の温度差でしょうか。

f:id:sabolefin:20160105233026p:plain

ふわふわの白い羽につつまれて、ちょこんと白い花を咲かせている姿はとても愛らしいものです。どこかオシャレなお菓子屋さんで売っていそうな、けれど立派なサボテンです。育生は難しくないのですが、やや強めの長い日照を必要とするので、気軽に室内で栽培するのは無理かもしれません。屋外かつフレーム・温室で育てられる方はぜひ育ててみてはいかがでしょうか。かわいいですよー!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。