まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

顔違いのメニネンシス

こんばんは。連日、最低気温は零下となり、春前の本格的な寒さが身に沁みます。人間は電気毛布に包まり、サボテンたちは新聞紙に包まって保温しております。暖かくなるまであと1ヶ月程、早いようで長くなりそうですが、無事に迎えたいですね。

さて、本日は顔違いで興味深いメニネンシス(Uebelmannia gummifera ssp. meninensis)をお迎えしたので紹介します。

f:id:sabolefin:20160121232014p:plain

肌は緑色で、刺座から直刺が1本出ているのが特徴です。成熟した株の顔付ならぬ刺付によく似ていています。

f:id:sabolefin:20160122000057p:plain

一見メニネンシスらしからぬ、やや暗めの緑色、白くやわらかそうな刺をたくさん生やしています。家の実生0年の幼苗がこのような刺をしているので、まだまだ成熟していない刺付、人間で言えば童顔でしょうか。

f:id:sabolefin:20160122000826p:plain

こちらも一見するとメニネンシスらしからぬ、されど、上二人の中間のような顔をしています。

3人とも2~3cmと同じくらいの大きさで、おそらく親株も同じはずなのにこんなに顔付が違います。案外育ってしまえば同じような顔に収束するかもしれませんが、それはこれからのお楽しみです。まずは元気に、花を咲かせるまで育てるぞっ!よろしくね、メニネンシスちゃんたちよ~!!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。