まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

春先を告げるは綾波

こんばんは。大寒も過ぎて寒さも程々になるかと思えば、明日からは大寒波が来るらしいですね。比較的温暖なこちらの地方でも予想最低気温が-3℃と前日よりも4~5℃程低いです。サボテンたちは家に収容できないので、新聞紙とアルミシートで保温してがんばってもらいます。耐えてくれー!

さて、寒波も迫っていますがもうすぐ春で、日照時間の長さを感じ取っているのか綾波(Echinocactus texensis)が動き始めました。

f:id:sabolefin:20160123145507p:plain

何の変哲もないですが、シンプル イズ ベストで大きな綾波さんです。赤い新刺と蕾が顔を覗かせています。来月には綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。

f:id:sabolefin:20160123145530p:plain

写真は同じくらいの大きさに見えますが、この写真の子は、上の子の1/4程の大きさです。断水と直射日光で肌色が芳しくありませんが、新刺を出し始めています。やや剣峰タイプに近い、細く長い刺をしています。

綾波は生育環境が合えば秋にも生長するようですが、我が家では春先から梅雨前くらいまでしか生長しません。要研究です。また、フェロカクタスのような直射日光下での育生よりも、太平丸のようにやや遮光下の方が調子よく綺麗に育つとアドバイスをいただきました。現地写真を見ると半分以上土に埋まっていますし、泥を被っていたり、岩陰だったりします。このように春先からの育生構想を始めています。

もうすぐだ、もうすぐだ、暖かな春が待ち遠しいぜ、綾波さんっ!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。