まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

鶴巣丸の花

こんばんは。昨夜から今日のお昼ごろにかけて、嵐のような纏まった雨が降りました。さらに悪天候ながら日中の気温は20 ℃前後まで上がってジメッとした暑さとなり、過ごしにくかったです。今日も午後から晴れ、明日からも晴れるようですが再び寒くなるようです。三寒四温で春に近づくとはよく云ったものですね。

さて、本日は天候が良くなかったので先日撮った鶴巣丸(Thelocactus rinconensis var. nidulans)の開花を紹介します。

f:id:sabolefin:20160214212929p:plain

Thelocactus属のサボテンは刺も魅力的ながら花も見事で、紅鷹などは「私を見て頂戴!」と言わんばかりの濃いメタリックな赤紫色の花を咲かせます。鶴巣丸は縮玉の花のような、白地に桃色のストライプで穏やかな色の花を咲かせてくれました。

f:id:sabolefin:20160214213042p:plain

木自体が扁平でデデンとしているために花は小さく見えますが、約4~5 cmはあるので結構大きいです。開花寸前の蕾は親指の先ぐらいの大きさで、巣から顔を覗かせようとしている姿に見えて面白く、カワイイです。

f:id:sabolefin:20160214213658p:plain

フェロカクタスもそうですが、強刺に阻まれながらも花を咲かせている姿は中々にいじらしいものです。渋めで地味な鶴巣丸が可愛らしい花を咲かせているのならば尚更にです。これからも大切に育てていきます!よろしくね、鶴巣丸ちゃん!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。