まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

胴切りした振武玉・その後2

こんばんは。早いもので、もうすぐ2月は終わりで3月になりますね。 年度末で忙しさも然ることながら、本格的な植え替えに追われる毎日です。ここでの植え替えをきちんと行った成果は植物の生長具合に必ず現れるので、少しづつ手を抜かずにこなしていければと思います。

さて、本日は胴切りして昨年復活した振武玉(Echinofossulocactus lloydii)の植え替えを行いました。花が咲く前ですが、交配予定もないので植え替えをしてしまいます。

sabolefin.hatenablog.com

sabolefin.hatenablog.com

f:id:sabolefin:20160228214553p:plain

抜いて土を落とした様子です。冬の間の断水で株は一回り小さくなっています。

f:id:sabolefin:20160228214920p:plain

胴切りした断面からしっかりとゴボウ根が生えだしています。まるでサボテンが生きようとする意志と云いますか、生命力を感じます。

f:id:sabolefin:20160228215314p:plain

鉢に植わっている普段は、新刺や蕾が出てくると思わずニヤリとしてしまいます。そして植え替えの時はこのゴボウ根を見てニンマリとしてしまうのです。傍から見ればすごく変な人ですね…。それくらい嬉しいことなのです。

今年も一年、木も刺も根も元気に生長してくれればと思います。よろしくね、振武ちゃんよ~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。