まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

精巧殿の素晴らしき花

こんにちは。平成二十八年は三月に入りましたね。昨日は雷を伴った短く強い雨が降り、夜間は晴れて風が吹いていたために冷え込み、最低気温は1℃前後でした。今日はスカッと晴れてポカポカと暖かく過ごしやすいです。ただ、花粉が多いようで花粉症の身にはちとキツイですが、それでもこういう日は良いですね。

さて、雨上がりからスカッと晴れたためにサボテンたちも機嫌よく、春咲きを見せてくれている子もおります。本日は精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)の開花を紹介します。

f:id:sabolefin:20160301123118p:plain

写真で見たことはありましたが、実際の開花を見たのは初めてです。実際の花を前にすると、3 cm程と大輪で形は整い、金属光沢のようなツヤがあり、白を基調とした桃色とのストライプ柄が大変綺麗で、まるで芸術作品のようで感動しました。プシスの開花が『下町の娘が美しく見違えるようにドレスアップした姿』とするならば、精巧殿の開花は『清楚な貴人が麗しく着飾った姿』といった所でしょうか。表現が悪くて恐縮です…。大げさと思われるかもしれませんが、写真では伝えきれない美しさがあります。

サボテンは刺も素晴らしいですが、花もやはり素晴らしいものです!これから続々と開花をお伝えしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します!!

f:id:sabolefin:20160307200054p:plain

追記:2016年3月6日、木が心配になるくらい咲き乱れていました。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎致します。