まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

ある日の風景

こんばんは。今日は快晴で、花粉を除けば、過ごしやすかったですね。植え替え後のサボテンたちは生長点から新刺を出し、刺座の綿毛はモコモコとしてきて、目に見えて生長を始めています。この時季はサボテン育生の肝で、新しく出た新根を枯らさないよう、またグングンと伸ばせるようにセッセと潅水あるのみです。

f:id:sabolefin:20160317204722p:plain

ホースでササーッとあげれば簡単なのですが、ラピュタ塔は元がメタルラックなのでビショビショにするわけにもいきません。必然的にサボテンたちを塔から下まで降ろすのですが、脚立を使ってのこの作業が中々シンドイです。ともあれ、頭上潅水をして潤いを得たサボテンたちを眺めるのは壮観なものです。

f:id:sabolefin:20160317210811p:plain

潅水時、嬉しいことに気が付きました。長刺神仙玉(Ferocactus gracilis coloratus)が拗れから復活したようで、新刺を出し始めています。昨年、立派な刺を何回も引っ掛け引っくり返したために拗れてしまいました…。今年は気を付けます。

f:id:sabolefin:20160317211637p:plain

さて、突然ですが!この花、もとい植物の名前、お分かりになりますか。

f:id:sabolefin:20160317212944p:plain

実はこの子、なんとブロッコリーなのです。ブロッコリーが食用となるのは花蕾(からい)とよばれる花の蕾の集まりなのですが、食べずにいたらこんな見事な花が咲きました。

f:id:sabolefin:20160317213049p:plain

こちらは以前食べたブロッコリーです。今までは食べ物としてしか見ていなかったのですが、こうして植物として向き合うと色々と発見がありますね。ちなみに花が咲いてしまった子は食用として栽培、食べた子はこぼれ種が地面から発芽したど根性ブロッコリーです。まったくあべこべになりましたが、此れ如何に?

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。