まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

サボテン実生その9-2 2014年実生組

こんにちは。午前中つい先程まで土砂降りでしたが、現在は雨は上がり晴間が覗いています。気温も高いので、今日はこれから蒸し暑くなりそうです。

さて、本日は先日の続き、2014年実生苗の生長を報告します。

sabolefin.hatenablog.com

 f:id:sabolefin:20160319123027p:plain

f:id:sabolefin:20160319123110p:plain

ペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera)です。無加温、さらに水を渋めにして越冬させたためか色が赤っぽくなっています。これから徐々に戻っていくものと思います。下の写真、赤丸で示した胴切りした子は、少しづつ群生が大きくなってきているのが見て取れます。

f:id:sabolefin:20160319123854p:plain

f:id:sabolefin:20160319123921p:plain

こちらは昨秋、植え替えが遅れて生長が芳しくなかった子達も元気です。こうしてみると斑入り、長刺、黒刺、黒肌、緑肌、様々な形質が現れていて面白いです。生長が楽しみですね。

f:id:sabolefin:20160319124334p:plain

兜丸(Astrophytum asterias)です。寒さに弱い兜ながら、無加温でよく越冬してくれました。径が出てきたので、そのうち一目瞭然な顔付も現れてくるでしょう。楽しみです。

f:id:sabolefin:20160319124744p:plain

f:id:sabolefin:20160319124830p:plain

丸ヘキルリランポー(Astrophytum myriostigma dum)です。丸く育ちそうな感じの子、真っ白な恩塚ランポーっぽい子、複隆ランポーとなりそうな子、色々と形質が現れているように見えて、これからが楽しみです。

みんな大きく元気に育ってね~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

面白かったら押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。