まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

うちの太平丸たち

こんにちは。今日は久々に晴れて温かかったのでラピュタ塔のサボテンたちに一斉潅水しました。花盛りのマミラリア、エビ、刺物も好調のようで綺麗な新刺が見えます。本日はそんな中から太平丸たちです。

f:id:sabolefin:20160406121252p:plain

ニコリー(Echinocactus horizonthalonius var. nicholii)です。今季の潅水は2回目ですが、ようやくエンジンがかかってきたようで生長点がフサフサ盛り上がっています。

f:id:sabolefin:20160406121530p:plain

同じくニコリーです。何回か紹介しています、斑入りの血をひく子です。秋に引っくり返って泣く泣く植え替えたので、今季のスタートは早かったようです。左下の日焼けをものともせず、元気に新刺を出し、株も充実しています。

f:id:sabolefin:20160406121814p:plain

太平丸(E. horizonthalonius)です。私の中ではシンプルイズベストな子です。フェロカクタスの環境下で育てたため丈夫ですが、日焼けが痛々しいです。この子もようやくエンジンがかかってきました。

f:id:sabolefin:20160406122215p:plain

黒刺太平丸(E. horizonthalonius var. nigrispinus)です。黒刺がカッコいいです。蕾らしきものが新刺とともに上がってきています。

f:id:sabolefin:20160406122418p:plain

翠平丸(E. horizonthalonius var. complatus)です。生長のエンジンがかかってきて、生長点での新刺、株が盛り上がって土から這い出るかのようになっています。

f:id:sabolefin:20160406122740p:plain

小平丸(E. horizonthalonius f. moelleri)です。この子は上のニコリーと同様、昨年の秋に日焼けさせてしまい、さらに引っくり返すのを2回も繰り返してしまい、今春も植え替えました。まだ株は充実していませんが、幸い拗れることなく、新刺が出始めて生長を開始しています。

f:id:sabolefin:20160406123214p:plain

花王丸(E. horizonthalonius var. coahuilenus)です。新刺は赤っぽい色で、水に濡れるとやはり赤刺です。赤刺+鉄菱のような姿がカッコいいです。昨秋に植え替えましたが今春のスタートは遅めで、ようやく生長のエンジンがかかってきました。

f:id:sabolefin:20160406123731p:plain

小苗の子達です。皆、よく云えばスパルタ、悪く言えば虐待のような厳しい環境で育てていたために傷、火傷だらけです。ただ、調子よく育ってはいるようなので、光線・湿度・温度の絶妙なバランスが大事であると考えさせられます。

太平丸たちはサボテンの中でも生長はかなり遅めなのですが、今の時季は目に見えて生長してくれます。嬉しいですね。これからも元気に育てていければと思います。元気に大きくなぁれ、太平丸ちゃんたち~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。