まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

動き出した龍たち

こんばんは。春の嵐も去り、晴れが続くかと思えば曇り、春は天候が不安定ですね。不安定なのは気温も同様で、日が出ていればフレーム内はあっという間に50 ℃近くまで上昇します。サボテンたちには一番の生長期なれど油断のならないときでもありますね、気を付けたいと思います。

さて、本日は眠れる龍が目を覚まし始め、生長を開始したので載せたいと思います。

f:id:sabolefin:20160408204829p:plain

鮮やかな紅い新刺が一目瞭然な神竜玉(Echinocactus parryi)です。以前赤腐れさせてしまった反省から、自分の用土にすぐに植え替えて、今は調子がよさそうです。蕾も上がってきているので、交配・採種しようと目論んでおります。

f:id:sabolefin:20160408205546p:plain

f:id:sabolefin:20160408210320p:plain

秋に植え替えた三頭の神竜玉小苗と一頭の神竜玉小苗です。どちらもグングンと一回りは大きくなり、新刺も更新してすこぶる調子はよいです。

f:id:sabolefin:20160408210410p:plain

泣く子も黙る大竜冠(E. polycephalus)も新刺を出しています。とはいえ、この子は接ぎ降ろし下駄履き株なのですんなり生長しているのかもしれませんが…。大竜冠は正木でも育てており、そちらの子は水を吸って膨らんできてはいますが新刺がまだ出てきません。本当に気難しい子達です。

f:id:sabolefin:20160408211038p:plain

気高き美人の竜女冠(E. xeranthemoides)も新刺を出して動き出しました。寄せ植えしている子達も生長点が動いているようなので間もなく新刺が出てくるかと思います。以前紹介した竜女冠SB475は、カイガラムシのダメージが予想以上に大きいようで拗れ気味です。虫害は厄介ですが、気難しい品種にはダイレクトに響いて拗れ、下手をすると致命傷となるので特に対策が必要です。駆除剤のアクテリック乳剤とベニカDXを交互に併用し、浸透殺虫剤のベストガードも施しましたが薬害も心配です…どうか復活してくれればと思います。

龍たちは、これから梅雨前まで生長期に入るかと思います。どうかじっくりと元気に育ってほしいものです。元気に大きくなってね~ドラサボちゃんズよー!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。