まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

鬼面角と露地植え計画

こんばんは。去年までのエルニーニョ?を脱して、今夏は猛暑となるそうで、早くもその片鱗が見えていますね。まだ梅雨明けしていないというのに、晴れた日の暑いこと暑いこと…。梅雨明けも待ち遠しいですが、既に秋が待ち遠しいサボレフィンです。熱中症等も心配されますので、くれぐれもご自愛くださいませ。

さて、本日は以前からのサボテン露地植え計画をコッソリと実行しているので、その様子を紹介します。

f:id:sabolefin:20160713221135p:plain

レイズドベッドで用地を作り、鬼面角YI、袖ヶ浦、短毛丸を植えてみました。センチュウ対策にマリーゴールドも植えたのですが、虫害で丸坊主になってしまってます…。サボテンたちは一部急成長しすぎて身割れを起こしていますが、大体は元気に育っているようです。また、バーバンクウチワも露地植えにする予定でしたが、現在計画は凍結中です。

f:id:sabolefin:20160713222015p:plain

鬼面角YIです。袖ヶ浦と同じく、鉛筆のように生長点が尖り、急成長していく様子が見られます。ところでこの鬼面角YI、通常の鬼面角よりも刺が多く金色で、胴は細目に育つとのことですが、詳細は不明です。敢えて分類するなら鬼面角(Cereus hildmannianus)の変種、緑翼柱(Cereus hildmannianus ssp. uruguayanus)ではないかと思われますRef*1。名前はともかく、鬼面角のように丈夫で、これからどう育っていくのか楽しみです。

f:id:sabolefin:20160713223343p:plain

こちらは鬼面角(Cereus hildmannianus)です。スラッと伸び、胴はガッチリと太く、青磁肌、7本の短刺も素晴らしく、たまらなくカッコいい柱サボテンです。去年来た時よりも1.5倍近く育ち、動かすことが困難で露地鉢植えのままです。梅雨明けしたら頑張るかもしれません…。また、開花株のカキコ苗なので、もしかしたら今年開花するかもしれないと楽しみにしています。

露地植えといい、実生といい、場所・時間がいくらあっても足りません。宝くじでも当たらないかしら、と他力本願になってしまいますが、じっくりと試行錯誤して楽しみたいと思います。これからもよろしくね、露地植えサボちゃんズよ~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、参考になれば押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。

 

Reference  Special Thanks!!