まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

Echinocereus ferreirianus var. lindsayi 開花&結実

こんばんは。本日は、強刺エビサボテンのリンゼイ(Echinocereus ferreirianus var. lindsayi)が念願叶って開花してくれたので紹介したいと思います。

↓リンゼイについてはこちらの記事もどうぞ!

sabolefin.hatenablog.com

f:id:sabolefin:20160721000236p:plain

2016年5月18日 エビサボテンらしい大輪の美しいマゼンダピンクの花を咲かせてくれました。横着をして撮ったのでアングル等はご容赦くださいませ。

 f:id:sabolefin:20160721000557p:plain

2016年5月18日 こちらは狂刺タイプのリンゼイです。花の様相、大きさはほぼ同じですが、上のリンゼイよりもやや底紅が薄く、朱色になっています。交配もしくはコロニーでの違いなのかもしれません。

さて、ペアで開花してくれたので交配もしました。結果、上の子は二花とも結実し、狂刺タイプの子は二花とも結実しませんでした。おそらくですが、上の子の蕊が開いておらず、花粉が未熟であったために結実させることができなかったのだと思います。

f:id:sabolefin:20160721002209p:plain

f:id:sabolefin:20160721002222p:plain

2016年7月20日 果実の大きさは親指の先くらい、約2 cmの球形で御覧のように刺に覆われています。また、果実は引っ張っても採れず、熟しているのかいないのか、イマイチわかりません。かれこれ1ヶ月はこのままです。

リンゼイ及びエビサボテンの開花のコツはやはり灌水のメリハリ、そして日に当てることでしょう。私の昨年末から開花までの育生は、最低気温が10℃を下回るようになったら一切灌水せず、保温・加温もしませんでした。なので冬季の晴れた日中は最高気温40℃前後、最低気温0℃前後だったかと思います。また、植え替えは晩夏~初秋に行い、春はしませんでした。今年も初秋(8月から9月にかけて)に植え替え、去年に準じた育生をしてみようと思います。

刺が素晴らしいリンゼイさん、噂に違わない大輪の美花でございました。これからも毎年楽しませてくれればなぁと思います。咲いてくれてありがとう、これからもよろしくね、リンゼイさんよー!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。