まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

サボテン実生10-2 有星類 2014年組

こんばんは。本日は有星類(Astrophytum)の2014年実生苗です。具体的には、丸ヘキルリランポー玉(As. myriostigma dum)、兜丸(As. asterias)です。

2014年8月5日播種

f:id:sabolefin:20160724002916p:plain

丸なのかはまだわかりませんが、かなり大きく生長してくれました。複隆というのでしょうか凸凹とした特徴を備えた子や、碧瑠璃ではない白点アリのランポーもいます。面白いですね。

f:id:sabolefin:20160724003330p:plain

複隆っぽい特徴を備えた子達です。そして、醜いアヒルの子ならぬ、恩塚模様が美しく現れているランポーがいます。きっと先祖代々、多岐に渡って交配されてきた証でしょう。実生をしていると、生命の神秘を感じずにはいられません。また、悲しいですが消えてしまいそうな子もチラホラおります…。

 2014年9月3日播種

f:id:sabolefin:20160724003953p:plain

兜らしい顔付になってきました。この子達は、兜丸の実生グループの中で一番生長成績が良い子達です。とはいえ、ランポー達には及びません。私が下手なだけ…。

f:id:sabolefin:20160724004309p:plain

同じように育てているはずなのですが、やはり顔付・生長に違いが現れますね。

f:id:sabolefin:20160724004501p:plain

成績は良くないです。ただ、斑入りっぽい子、双頭になっている子、白点が多い子などがおり、これからの生長が面白そうです。

前回書き忘れていましたが、私は実生2年目となる子達は今春からすでに親株と同じように育てています(完全にカラカラになると具合が悪そうなので水やりの頻度はやや多めにしています)。ただ、幼苗のうちは軟光線下で蒸し気味に育てたほうが生長は早いと聞きます。そうしないのは、高温多湿で落ちてしまったら悲しいですし、小苗のうちからガッチリ堅く育てたいからです。とはいえ、まだまだ分からないことだらけですので、もし実生についてご意見いただければ幸いです。

これからも元気に育ってね~!!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。