まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

ホルスティーの授粉

こんばんは。今日は数日ぶりに快晴で暑い日となりました。とはいえ、日陰にいれば風は爽やか、どうしようもない猛暑とはならず、夏はこれくらいで十分ですね。

さて、本日はホルスティー(Discocactus horstii)を交配させてみたので、その話です。

ホルスティーに関してはこちらもどうぞ↓

sabolefin.hatenablog.com

f:id:sabolefin:20160729144449p:plain

昼間、サボちゃんズを眺めていると、ホルスティーたちの花座から蕾が1つ、2つと出ていて、これは今夜同時開花するかもしれないと夜の開花を待つことにしました。夜、日も沈んだ19時過ぎ、温室はディスコカクタスの良い香りに包まれ、ホルスティーたちは同時開花していました。

f:id:sabolefin:20160729144630p:plain

ひとしきり花を愛でた後、何だか申し訳ないですが花を縦にハサミでチョキチョキと切り裂きます。画像が見づらくて恐縮ですが、花茎の中程に雌蕊があり、そこに互いの雄蕊の花粉をチョンチョンと付けて交配しました。ホルスティー及びディスコカクタスの花の強い芳香および白く大きな花は、地を這う虫による受粉を狙うためと考えられ、花の構造も雄蕊の下側に雌蕊があるという形になっています。

f:id:sabolefin:20160729144651p:plain

こちらの子は二花咲いていましたので、一つは縦に咲いて受粉してもらい、もう一つは花粉親になってもらいました。また、暗い中での作業になるので明かりは必須です。私は照明を忘れて、スマホの明かりで目を凝らしながらの授粉作業となりました。

うまく結実するかはまだわかりませんが、なんとか種を残してくれればと思います。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。