まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

またも失敗。金冠竜の根腐れ

こんばんは。本日は、何度目になるのか失敗談です。この暑さにやられたのか、赤刺金冠竜(Ferocactus chrysacanthus f. rubrispinus)をまたも根腐れさせてしまいました。

f:id:sabolefin:20160811225245p:plain

梅雨の終わり頃に分けていただいた刺色の良い赤刺金冠竜です。猛暑が続く中、新刺を出して順調そうだったので、少し早いですが秋の植え替えの準備に取り掛かりました。しかし、抜き上げてみると根がすっぽりと抜けてしまい、案の定、根元は赤腐れが進行中でした。

f:id:sabolefin:20160811230417p:plain

すでに腐れは乾き始めていました。胴切りですが、春先や秋の涼しい時期であれば切らずにサボテンの自己治癒に任せる、むしろ任せた方がよい場合もあります。しかし、今時分の当地方は高温多湿で、腐れがあっという間に転移することが多いのです。事実、昨冬および今春に自己治癒に任せて発根を待っていた神竜玉は高温多湿であっという間にダメになってしまいました。

f:id:sabolefin:20160811231627p:plain

とはいえ、変色した部分が無くなるまで切ると金冠竜がみじん切りになってしまうので、ここまでにとどめてあります。これで腐ってしまったら変色部分を絶対に残してはいけないという教訓になり、復活してくれれば神経質にならなくてもよい、ということになります。最後に断面からの雑菌等を防ぐためにベンレートを塗っておきました。(:胴切り後ですが、特に高温多湿になる時季は殺菌剤、乾燥剤を塗っておくのがベターかと思います。雑菌が蔓延りにくい時季であれば直塗りはせず、乾燥を促す程度の方が発根させやすいかもしれません。あくまで経験からの推測なので、ご了承ください。

比較的丈夫な金冠竜でも、やはりフェロカクタスは難しいです。上手く復活してくれることを祈ります。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。