まったりサボテン育生

サボテンとの生活、平凡な日々などの記録

太平丸たちの交配2019その1

こんにちは。数年ぶりのブログ更新で、ご無沙汰しております。拙ブログながら読み返してみると間違っている所、おかしな所等々、削除した方がよい箇所が多々見受けられ、ブログを畳んでリセットしようとも思いましたが、このまま続けてまいります。ご指摘等ございましたら、該当記事・内容は削除いたします。また、肝心のサボテン育生は、この数年で枯らしてしまった子達もおりますが細々と続けておりますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

さて、本日は時計の針を戻しまして、6月中旬頃の話です。太平丸(Echinocactus horizonthalonius)たちがラピュタ塔で同時に開花したので交配しました。

f:id:sabolefin:20190809144030j:plain

f:id:sabolefin:20190809144106j:plain

花の中心に棒がついておりますが、どの子とどの子を交配したかの目印です。交配する前に撮っておけばよかったかな…。

以下、カップリングです。

f:id:sabolefin:20190809144711j:plain

①ニコリー(Echinocactus horizonthalonius var. nicholii) K.E.(イ) 

f:id:sabolefin:20190809145037j:plain

②ニコリー(Echinocactus horizonthalonius var. nicholii) Ka.Cac(イ-接)

f:id:sabolefin:20190809144732p:plain

③ニコリー(Echinocactus horizonthalonius var. nicholii) H.A.- Cac.Ki(イ-斑)

太平丸のタイプでも刺が長く、青磁肌のニコリーが特に好きな私ですが、開花のタイミングが合って交配できたのは今年が初めてです。譲っていただいた子達なので自分の交配とは言えませんが、①×②、②×①、③×①(それぞれ ♀×♂)とまずは第一歩です。青字は譲っていただいた方や園のイニシャル・記号です。

f:id:sabolefin:20190809150124j:plain

④黒刺太平丸(E. horizonthalonius var. nigrispinus) S.S. (イ)

f:id:sabolefin:20190809150346j:plain

⑤太平丸(E. horizonthalonius) Ta.Cac (イ)

長黒刺の子が生まれないかなぁと④×⑤、⑤×④です。

交配は思い通りにするには知識も必要で、生長がゆっくりなサボテンでは結果がわかるのも長い期間を要します。まぁ、気張らずにゆっくり楽しく、よい子ができるのを待ちます。もちろん、私も研鑽を積み重ねて、学び続けていくつもりですけども!いずれ自分なりのサボちゃんズを生み出せればなぁと思います。

暑い日が続くけど、これからも元気に育ってね、太平丸ちゃんたちよ~!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

拙ブログをお読みいただき、ありがとうございます。もし、面白ければ押していただけると励みになります。コメント・リンク等も歓迎いたします。どうぞよろしくお願い致します。